井戸掘りで天然水を活用~特殊工事で水を発掘する魔法~

地盤改良

井戸だからこそ

作業員

今の時代、忘れちゃいけないものがあります。便利さと引きかえに、忘れられていった大切な文化が日本には残っていると思います。その一つが井戸です。蛇口をひねればいつでも水が出てくる今。そんな便利な今だからこそ、改めて井戸の良さを見直すべきだと思います。夏はスイカを食べますが、井戸の水で冷やしたスイカを食べるなんて、すごく素敵な文化だと思いませんか。そんなわけで、時代に逆行するかのごとく、井戸掘りを検討し始めている自分がいます。なぜこんな便利な時代に井戸掘りなのか。井戸掘りなんかしなくても、蛇口をひねれば水が出てくるじゃないか。そう思う方もいると思います。ですが、私はこんな時代だからこそ、井戸を作った方がいいと思うのです。それは災害の時、水の確保に役立つと思うからです。
昔、国語の授業でこんなことを習いました。うろ覚えですが、確か水道を使わない民族がいたのです。そこで、「水道を作った方が便利なのではないか」と問うた人がいたのです。すると、その民族の人は言いました。「もしそうなったとしたら、我々は便利さに負けるだろう」と。便利さに負ける。豊かさに負ける。それは考えたこともない発想でした。しかし、その気持ちに共感できるような気がします。だから井戸掘りなのです。井戸掘りをすれば、それが節約にもなるはずです。なぜなら、主導でポンプを操作することで、水を汲む大変さを知るからです。単純に、汲む作業が大変だと、水を大切に使うようになりますよね。だから節約なんです。便利さを知るには、不便さを知らないといけません。節約には不便さがつきものです。ですが、その不便さが結果として節約になるのです。

冷えた水を活用する

案内

井戸水は食材にも安全に活用することができるため食材の保冷として活用されることも少なくありません。井戸を掘ることにはコストがかかりますが、水道代を安くすることも可能です。

View Detail

ライフラインとして利用

風景

さく井工事をすることによって井戸水を生活水として利用することができます。井戸水はライフラインが途絶えた緊急時にも活躍します。飲水として利用するなら水質調査が必要になります。

View Detail

適温の水

街

井戸の水はほとんど温度が変わりません。そのため、常に一定の温度の水がでてくるのです。特別にぬるいということもないため、安心して活用できる井戸水も少なくありません。

View Detail